シングルマザーnolaの生活日記。Web制作の小ネタから、料理、お役立ちグッズ、美容の日記まで広く浅く更新中。

市役所に一人親世帯向けのワンストップ窓口があったら

[2015.06.19]

以前、自分の住む市が、母子家庭に対して行っている手当てや控除などについて市役所に質問に行きました。

主には以下のようなもの。

  1. 児童扶養手当の対象になるか
  2. 保育料はどうなるのか
  3. 寡婦控除のみなし適用はしているか(追加記事はこちら
  4. JRの定期券の割引はあるか
  5. 上下水道の基本料金の免除や控除はあるか
  6. 有料ゴミ袋の無料支給はあるか

詳しくは以下のページを参考に質問に行きました。

保険の教科書 <http://hoken-kyokasho.com/boshikatei-teat

上記の質問の答えを得るには色々な課を回らなくてはならなかった。

あとから思ったのだけれど、シングルマザー/ファザーが増えたといわれる昨今、それならば市役所に「一人親世帯向けワンストップ窓口」的なものがあってもよいのではないだろうか?

シングルマザーになりたてで市役所へ行って、各課をまわって「母子家庭なんですけど・・・」等の説明をいちいち繰り返さなくてはいけないのも、精神的にしんどい。それに、同じ市役所という「会社」にいながら、「それは他の課の担当なので分かりません」と言われるのも、もちろん私も一企業の人間なので言い分としては理解できるのですが、はたしてそれが企業として正しい対応か?といったらそうではないような気がしてなりません。

一人親世帯の控除や手当てに精通する人を一人でも窓口において、あらゆる課への糸口となってくれたら、控除や手当てをもらい損ねる親もなくなるだろうし、一人親の心の負担も減るし、「一人親なんですけど・・・」等の説明を排除できる分、仕事も円滑に進むのではないのでしょうか。

と、投書箱にでもいれておこう。

 

 

  • LINE

Advertisement

Site Search

Profile

profile

人生のいたずら(笑)でシングルマザーになったnolaです。Web制作をしています。主にコーディングをしていて、他にJS、PHP、WPカスタマイズなども。産休を経て現在はフルタイムでお仕事復帰です!